Banner 07c17b7d0703eccb7a1470429942ab66a5969602164e45e99afcd4a1dff04ddf

内閣府ベビーシッター割引券の内容やご利用方法

内閣府ベビーシッター券の内容や利用できるベビーシッター会社、スマートシッターでのご利用方法についてご紹介します。

目次

内閣府ベビーシッター割引券とは

内閣府ベビーシッター券は、「企業主導型内閣府ベビーシッター利用支援事業」の承認事業主となっている企業が従業員に配布し、従業員がベビーシッターを利用した際に使用できる割引券です。1日(回)対象児童1人につき2,200円分の補助が受けられます。
※コロナ休園に伴う特例措置の利用に限り、個人事業主・フリーランスの方も使用可能。割引券の申請・交付方法等はこちら

割引額:

対象者1人につき、1回あたり2200円。
また、多胎児の場合は2人で9000円、3人以上の場合は18000円。

使用回数:

対象児童1人につき1日1枚。
1家庭で1ヶ月最大24枚まで使用することが可能。
最大52,800円の補助が受けられる。
※コロナ休園に伴う特例措置の利用の場合、対象児童1人につき1日5枚まで、1家庭で1ヶ月最大120枚まで使用可能(最大264,000円分の補助)
コロナ休園に伴う特例措置について詳しくはこちら

対象児童:

乳幼児または小学校3年生までの児童
(その他健全育成場の世話を必要とする小学校6年生までの児童を含む※)

(※)
ア 「身体障害者福祉法」(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定に基づき身体障害者手帳の交付を受けている場合
イ 「療育手帳制度について」(昭和48年9月27日厚生省発児第156号通知)に基づき療育手帳の交付を受けている場合
ウ その他、地方公共団体が実施する障害児施策の対象となるなど、ア、イのいずれかと同等程度の障害を有すると認められた場合

利用可能なシーン:

ベビーシッターによる「家庭内における保育やお世話」および「保育等施設への送迎」(保育施設間の送迎などには利用できない)
※1回の保育料が2,200円を上回る場合にご利用可能(交通費、キャンセル料は対象外)

兄弟利用:

兄弟が対象児童であれば、人数分使える(2人の場合はベビーシッター券を2枚使えて4,400円割引になる)

入手方法:

「企業主導型内閣府ベビーシッター利用支援事業」の承認事業主となっている勤め先から交付を受ける

所得税の取り扱い:

対象者が内閣府ベビーシッター券を使用した場合、その割引料は税務上その対象者の所得となり、所得税法上、「雑所得」に区分される。なお、企業勤めの方(給与所得者)は年間合わせて20万円までの雑所得は、確定申告は不要。
※コロナによる休園の特例措置として割引券を利用した場合、割引を受けた額については、所得税法上、非課税所得となる

実施事業者:

公益社団法人全国保育サービス協会

詳細な利用条件はこちら

割引券を取り扱っているベビーシッター会社

令和元年10月時点で、請負型事業者71社、マッチング型事業者2社が内閣府ベビーシッター券取扱事業者に認定されています。

◆請負型事業者の一例

  • ・(株)スマートシッター
  • ・(株)ポピンズ ポピンズナニーサービス
  • ・(株)ジャパンベビーシッターサービス
  • ・認定NPO法人フローレンス
  • ・(株)タカミサプライ
  • ・ハニークローバー(株)

◆マッチング型事業者

  • ・(株)キッズライン
  • ・(株)ネクストビート

割引券等取扱事業者一覧(令和元年日10月時点)

~スマートシッターの全シッターが内閣府ベビーシッター券の対象~

スマートシッターは、内閣府ベビーシッター割引券の実施事業者である公益社団法人全国保育サービス協会(※)に加盟しているため、スマートシッターに登録している全ベビーシッターが内閣府ベビーシッター割引券の対象です。

(※)
公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)は、1989年に全国ベビーシッター協会として設立され、厚生労働省が主催するベビーシッター研修会に全面的に協力、協会独自のベビーシッター総合補償制度の導入、各研修会の開催など、ベビーシッター業の健全な発展及び社会的地位の確立を目的として運営されている団体です。ベビーシッターサービス運営企業90社が加盟しており、ACSA加盟がサービスの質を見極める目安の一つとも言われています。
http://www.acsa.jp/

スマートシッターでの割引券のご利用方法

【利用登録】

1.勤務先から内閣府ベビーシッター券の交付を受ける

内閣府ベビーシッター割引券は、「企業主導型内閣府ベビーシッター利用支援事業」の承認事業主のみがご購入頂けます。
お勤め先名がこちらに記載があることをご確認ください。
内閣府ベビーシッター券に企業の捺印がされていることが必要です。

2.スマートシッターのサイト上で、承認事業主情報を入力する

「メニュー」→「マイページ」→「設定」→「プロフィール情報編集」を開きます。

Open menu a5deb8070218cef7e29ff389da1d08a0d7fcc9ce43ddf91806131a5ee72d4a51

「内閣府ベビーシッター券の承認番号を持っています」のチェックボックスにチェックを入れたあと、「承認番号」「承認事業主名」「労働者氏名」を入力の上ページ下部の「変更を保存する」を押してください。
個人事業主、フリーランスの方は、「承認番号」「承認事業主名」とも「なし」とご入力ください。

Profile1 a55c76041f501310d596ba711eab30d8e0f1842c85bf3abc495a0bbb01aca9ffProfile2 1713097fc50647afe921f7d5d44676aaca21f733534509c6ed6ac881ea1f2ba4

【実際の利用】

1. ベビーシッターを探して依頼する

依頼から決済までの流れはこちらをご覧ください。

2. 保育実施後、決済前の依頼画面で「内閣府ベビーシッター券ご利用の場合はこちら」より必要事項を入力する

Charge a1e7dfc587189cd1b63bf28054448ab4e3b5aec52e50fabc827f53352f4577c4

※内閣府ベビーシッター券を一回のご利用で4枚以上ご利用の場合は決済画面での枚数入力は不要です。決済画面では入力せずスマートシッター事務局までご郵送ください。
決済後の適用についてはこちら

3. 内閣府ベビーシッター券を記入し、スマートシッター、勤務先にそれぞれ提出する

本券を期日までにスマートシッターに郵送、半券はお勤め先にご提出ください。

送付先:
〒150−0012
東京都渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ5F
スマートシッター株式会社 内閣府ベビーシッター券 担当

特例措置でのご利用時には、割引券の裏面(本券及び報告用半券)の事由欄に、特例措置によるベビーシッターの利用が必要となる事由の記入が必要です。
事由欄に記載が無い場合には特例措置の適用が受けられないため、ご注意ください。
記載例)○月○日 ○○小学校が休校のため、○月○日 ○○保育園より登園自粛要請が出されたため など

Ticket 61ddaa6aecb331b126943bd131a43b99b033d8a1cd09c403c4dbf781c2fca7cd

注意事項

・ご利用いただいた1ヶ月分の割引券をまとめて月末締め翌月9日(9日が土日祝日の場合は前営業日)必着にてお送りください。
※弊社着連絡及び着確認は行っておりません。
・封筒裏面に「ご住所」と「スマートシッター登録名」を必ずご記入ください。
・割引券に利用日を記載したかご確認ください。
※保育日、氏名等の記載のない割引券は無効とさせていただきます。
※交付日、有効期限内の保育のみに適用できます。
・ご利用時間分の割引券をご郵送ください。(2200円に満たない保育料の場合適用できません。また適用できない券の返却は行っておりません)
・割引券は、ご郵送が期日に間に合わない場合、遅延理由書の提出を求められる場合がありますため、期日厳守をお願いします。

4. 割引額がクレジットカードのお支払い金額に適用される

決済時に利用枚数を入力すると、お支払い時に割引が適用されます。
参考FAQ
https://smartsitter.jp/faq/743
割引券の入力前に決済された場合は、翌月3日まで入力することができ、入力すると割引が適用されます。
参考FAQ
https://smartsitter.jp/faq/786
※1 いずれの場合も期日までに券をご郵送いただけない場合やご郵送いただいた枚数が不足する場合は、割引適用を翌月10日前後に取消させていただきますのでご注意ください。
※2 2020年9月末日までは保護者様の入力移行期間ですので、入力がなくても券を郵送いただければ割引適用し、後日クレジットカード会社より返金いたします。返金のタイミングはカード会社締め日により異なります。

【よくある質問】

・福利厚生チケットと内閣府割引券(内閣府ベビーシッター券)は併用できますか
・内閣府割引券と福利厚生サービスを併用する場合、利用可能枚数はどうやって計算しますか
・2020年4月の特例対応について、内閣府シッター券利用の流れを教えて下さい
・券を使えないシッターさんはいますか?それとも全員利用可能ですか

内閣府ベビーシッター割引券の活用例

内閣府ベビーシッター券を利用すると、ベビーシッターをお特に利用することができます。
他の福利厚生サービスとの併用も可能です。
スマートシッターで利用できる福利厚生サービス・割引券・自治体の助成制度はこちら

お子さま2人の外遊び→食事介助をお願いする場合
Usage1 a5724fdcd27e143b61958dd202fb748a36c29162d1492b4053e47f3a246a5139

保育料

2,000円〜/時間

お子さまの人数

2人

ご利用時間

9:00-12:00

保育料

2,000円 x 1.5 x 3時間

9,000円

交通費

816円

消費税(10%)

900円

クーポン

内閣府ベビーシッター券2200円x2枚
WELBOX1000円x3枚

-7,400円

合計

3,316円

保育園から自宅まで送迎をお願いする場合
Usage2 568d2b68e8b929211a28e0a884ac9c95eccba1960d7aba75e730d730d30689f6

保育料

2,000円〜/時間

お子さまの人数

1人

ご利用時間

16:00-16:45

保育料

2,000円(30分送迎) + 500円(15分延長)

2,500円

交通費

314円

消費税(10%)

250円

クーポン

内閣府ベビーシッター券2200円x1枚

-2,200円

合計

864円

保育園お迎え→自宅で保育をお願いする場合
Usage3 edd8d2a0039387038a1d6c5a1bc8bbfd30270fc50b34cbe3be095d6df2034ac1

保育料

2,000円〜/時間

お子さまの人数

1人

ご利用時間

17:00-19:00

保育料

2,000円 x 2時間

4,000円

交通費

650円

消費税(10%)

400円

クーポン

内閣府ベビーシッター券2200円x1枚
すくすくえいど700円x2枚

-3,600円

合計

1,450円

内閣府ベビーシッター割引券の企業導入について

お勤め先が本制度を導入いただいていない場合、企業からの申し込みにより新規利用が可能です。コロナ休園に伴う特例措置の場合に限り、個人事業主の方も、申請によりご利用可能です。
導入にあたっての詳細は、内閣府ベビーシッター券を企業に導入する方法をご覧ください。

スマートシッターにて、内閣府ベビーシッター券の導入・利用サポートもいたします。
法人契約・導入相談については、以下のフォームからご連絡ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeyrVhhADGaJH7sFPjhPswzmGETOUZoKwikBsvt2tjGxpfKgA/viewform

内閣府ベビーシッター券導入企業一覧

導入検討法人様向け:内閣府ベビーシッター割引券を企業に導入する方法

スマートシッターとは

POINT
01

安心・安全


登録ベビーシッターの90%以上が有資格者
資格:保育士・幼稚園教諭など
全員面談・選考
ベテラン保育士によるスキルチェック
充実した研修制度
ポピンズ共通研修、保育園研修
手厚いサポート体制
365日体制・ポピンズ看護師や顧問医もサポート
あんしん保険加入済み
安心・安全
POINT
02

気軽


30分~送迎可能
自分でベビーシッターを選べる
かんたん予約
はじめての方へ
POINT
03

料金


入会金・
年会費
無料

保育料
1時間2,000円~

利用時間
保育:2時間~
送迎:30分~
ご利用料金

福利厚生サービスと特典

福利厚生クーポンご利用で
利用料金例
2時間/4,000円
800円
内閣府ベビーシッター券2,200円
すくすく500円2枚をご利用の場合
クーポン割引・助成制度

対応可能エリア