戻る

よくあるご質問

自治体助成・福利厚生

内閣府ベビーシッター券が手元に届かない時期のご利用方法

遡及期間以外で券の発券が遅れる場合の対応

会社の都合で内閣府ベビーシッター券の発券が遅れる場合、後日①電子券の入力または紙の券の郵送と、②企業事由および承認があることの証明書類のご提出をしていただければ、遡って割引を適用いたします。

通常通りご依頼いただき、依頼時や決済時の券の入力は不要です。

内閣府ベビーシッター券を受領次第、電子割引券システムへの利用登録または紙の補助券の郵送をお願いします。その際、企業事由および承認があることの証明書類を弊社にご郵送ください。(年度ごとに遡る期限が異なりますので、お早めにご対応ください)

一度自己負担となり、弊社にて割引を適用した後、クレジットカード上でのご返金となりますのでご了承くださいませ。

※紙の割引券をご利用の方で、シッターにサインをもらうのが難しい場合、「利用時ベビーシッター記入欄」の代筆をお願いいたします。

新年度の遡及期間の対応

~2022年4月1日追記~

新年度となります4~5月、内閣府ベビーシッター券の発券の遅延が見込まれます。

以下の対応表をご確認の上、内閣府ベビーシッター券をご利用ください。

なお、4~5月利用分につきましては企業事由および承認があることの証明書類は不要です。

※内閣府からは以下のように発表されておりますため、お勤め先の発券スケジュールをご確認お願いいたします。

> 令和4年4月14日までに承認申請をし、令和4年5月10日までに割引券利用手数料を振り込んだ企業にお勤めの利用者については、令和4年4月1日より令和4年5月10日までの間、割引券を使用せずにベビーシッターサービスを利用した場合においても、割引券の交付後、以下の手続きにより割引額の返還を受けることができることといたします。
> お示ししている取扱いによらなかった場合には、割引額の返還が受けられない場合がありますので、ご留意ください。

引用:企業主導型ベビーシッター利用者支援事業における「ベビーシッター派遣事業」の令和4年度の取扱いについて

 

対象① 対象② 入力タイミング 割引タイミング 電子入力締切 紙の郵送締切
昨年度から継続利用 4月に券を受領されたまたは受領予定 依頼または決済時点 決済時点※【1】 4月30日 5月10日
昨年度から継続利用 5月に券を受領予定 依頼または決済時点 決済時点※【1】 5月31日 6月10
新規利用 4月25日までに券を受領 受領後、依頼または決済時点※【2】 券受領後、決済時点※【1】 4月30日 5月10
新規利用 4月26日以降に券を受領 入力無 弊社にて割引適用 5月31日 6月10

 

※【1】決済後の依頼につきましては、以下の方法で補助券の追加・修正による割引適用が可能です。入力締切日までに入力をお願いします。

決済後の内閣府ベビーシッター券の入力方法

※【2】 券受領のタイミングによって、4月ご利用分の入力が間に合わない場合、電子券の利用登録または紙の補助券の郵送をもって弊社にて割引適用いたします。

関連するページ

内閣府ベビーシッター割引券の内容やご利用方法内閣府ベビーシッター割引券を企業に導入する方法

関連するよくあるご質問

【利用の流れ】内閣府ベビーシッター電子割引券【利用の流れ】内閣府ベビーシッター券(紙)勤務先へ提出する申請書類(ご登録証明)【利用の流れ】内閣府ベビーシッター券のコロナ休園等の特例措置内閣府ベビーシッター券の特例措置(コロナ休園)利用時の証明資料のご提出決済後の内閣府ベビーシッター券の入力方法内閣府ベビーシッター券対応シッターの探し方シッターにサインを貰えなかった場合の内閣府ベビーシッター券の記入方法内閣府ベビーシッター券が手元に届かない時期のご利用方法決済画面での内閣府ベビーシッター券の入力方法【利用の流れ】個人事業主・フリーランスの方の内閣府ベビーシッター券内閣府ベビーシッター券を利用できないサービス内閣府ベビーシッター券の締切・送付先

戻る

対応可能エリア(順次拡大予定)

ベビーシッターを探す