Banner 7ee854bfbf28da8909bddb98b54b21267c41ec503c606a26e2420874c15915b6

内閣府ベビーシッター割引券を企業に導入する方法

内閣府ベビーシッター券は、従業員がベビーシッターを利用した際に、2,200円分(1日・1回、対象児童1人につき)の補助が、企業負担70円もしくは180円で受けられる、政府主導の助成制度です。

子育てと仕事の両立をしやすい環境の整備のために、内閣府ベビーシッター券の導入をぜひご検討ください。

目次

内閣府ベビーシッター割引券の特徴

割引額:

対象者1人につき、1回あたり2200円。
また、多胎児の場合は2人で9000円、3人以上の場合は18000円。

企業負担:

事業主全体の労働者数が1000人未満の中小企業・・・1枚あたり70円
事業主全体の労働者数が1000人以上の大企業・・・1枚あたり180円

使用回数:

対象児童1人につき1日1枚。
1家庭で1ヶ月最大24枚まで使用することが可能。
最大52,800円の補助が受けられる。
※コロナ休園に伴う特例措置の利用の場合、対象児童1人につき1日5枚まで、1家庭で1ヶ月最大120枚まで使用可能(最大264,000円分の補助)
コロナ休園に伴う特例措置について詳しくはこちら

対象児童:

乳幼児または小学校3年生までの児童
(その他健全育成場の世話を必要とする小学校6年生までの児童を含む※)

(※)
ア 「身体障害者福祉法」(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定に基づき身体障害者手帳の交付を受けている場合
イ 「療育手帳制度について」(昭和48年9月27日厚生省発児第156号通知)に基づき療育手帳の交付を受けている場合
ウ その他、地方公共団体が実施する障害児施策の対象となるなど、ア、イのいずれかと同等程度の障害を有すると認められた場合

利用可能なシーン:

ベビーシッターによる「家庭内における保育やお世話」および「保育等施設への送迎」(保育施設間の送迎などには利用できない)
※1回の保育料が2,200円を上回る場合にご利用可能(交通費、キャンセル料は対象外)

兄弟利用:

兄弟が対象児童であれば、人数分使える(2人の場合はベビーシッター券を2枚使えて4,400円割引になる)

入手方法:

「企業主導型内閣府ベビーシッター利用支援事業」の承認事業主となっている勤め先から交付を受ける

所得税の取り扱い:

対象者が内閣府ベビーシッター券を使用した場合、その割引料は税務上その対象者の所得となり、所得税法上、「雑所得」に区分される。なお、企業勤めの方(給与所得者)は年間合わせて20万円までの雑所得は、確定申告は不要。
※コロナによる休園の特例措置として割引券を利用した場合、割引を受けた額については、所得税法上、非課税所得となる

実施事業者:

公益社団法人全国保育サービス協会

詳細な利用条件はこちら

内閣府ベビーシッター割引券を導入している企業

2020年5月20日現在、1200社以上が内閣府ベビーシッター券を導入しています。

◆割引券承認事業主の一例

  • ・株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • ・独立行政法人国際協力機構
  • ・住友商事株式会社
  • ・大日本印刷株式会社
  • ・株式会社電通
  • ・国立大学法人東京大学
  • ・有限責任監査法人トーマツ
  • ・日本赤十字社
  • ・株式会社博報堂
  • ・株式会社三井住友銀行
  • ・三菱地所株式会社
  • ・森ビル株式会社
  • ・株式会社リクルートスタッフィング
  • ・株式会社ワークスアプリケーションズ

内閣府ベビーシッター割引券の承認事業主一覧

内閣府ベビーシッター割引券を企業に導入する方法

1. 申請書類を用意する

令和2年度ベビーシッター派遣事業実施要綱ベビーシッター派遣事業約款の規定する内容に同意した上で、以下の3つの書類をダウンロードして記入し、社会保険料の領収書のコピーも用意します。
①割引券等使用事業主等承認申込書
②担当者届
③割引券申込書

※双子や三つ子など多胎児の場合は、別途専用の申込書への記入も必要です
ベビーシッター派遣事業割引券(多胎児)申込書

④ 社会保険料の領収書のコピー(子ども・子育て拠出金の納付が確認できる書類)

2. 申請書類を全国保育サービス協会に送付し、割引券を申請する

①~④の申請書類を、返信用の切手を添えて全国保育サービス協会に郵送します。割引券は、申込み期限までの間、随時申込みができます。

割引券の追加など、割引券申込書のみを送付する場合には、返送用の切手は不要です。
また、割引券申込は、郵送、メール(申込書に記載)もしくはFAX(03-5363-7456)でも可能です。

<郵送等による書類の送付先>
 〒160-0007
 東京都新宿区荒木町5-4 クサフカビル2階
 公益社団法人全国保育サービス協会 宛
 TEL 03-5363-7455

<メール等による書類の送付先>
 メールアドレス waribiki@acsa.jp(ファイルを添付してください)
 協会あてFAX. 03-5363-7456

3. 希望分の金額を振り込む

全国保育サービス協会から申込書に記載した枚数分の請求書が届くので、金額を振り込みます。

<協会銀行口座>
みずほ銀行 四谷支店 (普)1354559
公益社団法人全国保育サービス協会 ベビーシッター派遣事業口

4. 希望分の金額を振り込む

割引券が到着次第、すぐに利用することができます。
割引券を受け取ったら、割引券受領書の返送も忘れずにしましょう。

※万が一、割引券が余った場合には、事務手数料として1000円支払うことで払い戻しも可能です。

その他、詳細については全国保育サービス協会のホームページをご確認ください。

スマートシッターが企業の割引券導入をサポートします

スマートシッターは、内閣府ベビーシッター券が使える割引券等取扱事業者に認定されています。
また、内閣府ベビーシッター割引券の実施事業者である公益社団法人全国保育サービス協会(※)に加盟しているため、スマートシッターに登録している全ベビーシッターが内閣府ベビーシッター割引券の対象です。

(※)
公益社団法人全国保育サービス協会(ACSA)は、1989年に全国ベビーシッター協会として設立され、厚生労働省が主催するベビーシッター研修会に全面的に協力、協会独自のベビーシッター総合補償制度の導入、各研修会の開催など、ベビーシッター業の健全な発展及び社会的地位の確立を目的として運営されている団体です。ベビーシッターサービス運営企業90社が加盟しており、ACSA加盟がサービスの質を見極める目安の一つとも言われています。
http://www.acsa.jp/

スマートシッターにて、内閣府ベビーシッター券の導入・利用サポートもいたします。
法人契約・導入相談については、以下のフォームからご連絡ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeyrVhhADGaJH7sFPjhPswzmGETOUZoKwikBsvt2tjGxpfKgA/viewform

スマートシッターとは

POINT
01

安心・安全


登録ベビーシッターの90%以上が有資格者
資格:保育士・幼稚園教諭など
全員面談・選考
ベテラン保育士によるスキルチェック
充実した研修制度
ポピンズ共通研修、保育園研修
手厚いサポート体制
365日体制・ポピンズ看護師や顧問医もサポート
あんしん保険加入済み
安心・安全
POINT
02

気軽


30分~送迎可能
自分でベビーシッターを選べる
かんたん予約
はじめての方へ
POINT
03

料金


入会金・
年会費
無料

保育料
1時間2,000円~

利用時間
保育:2時間~
送迎:30分~
ご利用料金

福利厚生サービスと特典

福利厚生クーポンご利用で
利用料金例
2時間/4,000円
800円
内閣府ベビーシッター券2,200円
すくすく500円2枚をご利用の場合
クーポン割引・助成制度

対応可能エリア