[スマートシッター]smartsitter何よりも、安心して使える
ベビーシッターサービスを。

戻る

よくあるご質問

福利厚生、割引、助成

利用できる福利厚生サービス、助成の種類

スマートシッターでは、以下の福利厚生サービスや助成をご利用いただけます。

・福利厚生サービス(提供会社)

すくすくえいど(株式会社ベネフィット・ワン)

えらべる倶楽部(株式会社JTBベネフィット)

福利厚生クラブ(株式会社リロクラブ)

WELBOX(株式会社イーウェル)

ライフサポート倶楽部(リソルライフサポート株式会社)

 

・内閣府ベビーシッター券

ベビーシッター派遣事業割引券の承認事業主

参考)割引券承認事業主一覧

http://acsa.jp/htm/babysitter/approvai_proprietor_list.htm

 

・自治体の利用料助成

<ベビーシッター利用助成>

・調布市

ベビーシッターを利用の場合、利用料の1/2を助成(一日の上限額4,000円、4月から翌3月の一年度の上限額28,000円)

<病児・病後児のベビーシッター利用助成>

・千代田区

病児・病後児保育をご利用の場合、利用料の1/2を助成(お子さま1人あたり4月から翌3月の一年度の上限額40,000円)

・渋谷区

病児・病後児保育をご利用の場合、1時間につき1,000円を助成(1日の上限時間10時間・お子さま1人あたり1年度の上限額100,000円)

・北区

病児・病後児保育をご利用の場合、1時間につき1,000円を助成(1日の上限時間10時間・1回の上限回数7日間、お子さま1人あたり1年度の上限額40,000円)

・文京区

病児・病後児保育をご利用の場合、利用料の1/2を助成(お子さま1人あたり4月から翌3月の一年度の上限額40,000円)

・台東区

病児・病後児保育をご利用の場合、利用料の1/2を助成(お子さま1人あたり4月から翌3月の一年度の上限額40,000円)

・港区

病児・病後児保育をご利用の場合、保育料の1/2を助成(お子さま1人あたり4月から翌3月の一年度の上限額50,000円)

・豊島区

病児・病後児保育をご利用の場合、保育料一日20,000円までを助成(お子さま1人あたり1年度の上限額100,000円)

<待機児童対策のベビーシッター利用助成>

・品川区

認可保育所等に入園できなかったお子さまのご利用の場合の助成(月利用時間48時間以上96時間未満の場合は月30,000円、月利用時間96時間以上の場合は月50,000円を助成)

 

 

 

戻る