【インタビュー】3人の子どもの子育てを優先しながら仕事を続けるワーママの両立方法

ポピンズシッター (旧スマートシッター)【公式】

今回は、金融機関で事務職をされており、4歳の女の子と2歳の男女の双子の子育て中の石川さんにインタビューしました。

石川さんは、子育てに重点を置きながらもお仕事を続け、家事・子育てを旦那様と分担することで、仕事と子育てを両立されています!

子育てを優先にしながら働きたいワーキングマザーの方、ぜひ参考にしてください!

プロフィール

お名前:石川さん
ご自身のご職業:金融機関の事務職
旦那様のご職業:金融機関の財務
お子さま:4歳の女の子、2歳の双子の男女
夫婦の育児・家事の分担割合:妻80%、夫20%(平日の場合、休日は半々)

父親も育休取得!育児をするのは当たり前

ー勤務形態について教えてください!

90分時短勤務を活用しています!15時40分に帰宅できます。

ー旦那様のお仕事はお忙しいんですか?

そうですね…。定時に上がることは難しいです。休日出勤も多く、23時まで仕事をすることもあります。

でも、私の体調が悪くて困っているときは、仕事を切り上げて早く帰ってきてくれます!

ー旦那様は育児に協力的なんですか?

はい!家にいるときはやってくれています。朝は夫婦2人で子どもを保育園に送っています。

双子が生まれたときに、夫も一年間の育休を取ってくれました。

夫の家族も父親が育児に協力的だったことから、育児をするのが当たり前という感じでやってくれています!

これはおすすめ!家事・子育てグッズ

ー家事・育児の工夫を教えてください!

パルシステムの3日分の時短おかずパックを活用しています。

あと、ミルク時期はティファールの湯沸かし器も便利でした。

スティック掃除機も、子どもが食べかすをこぼしたときにさっと掃除できるのでおすすめです。

いろんな刺激を受け、自分のやりたいことをやる子になってほしい

ー子育てで大切にしていることはなんですか?

自分の言いたいことが言える子、自分でやりたいことを見つけてやる子になってほしいと思います。

今は、そのための準備として基礎をしっかり身に着けさせるようにしています。

夫も私も、子どものことを第一に考えて子育てをしています。

ー仕事をしていて良かったことを教えてください!

やっぱり収入のこともありますが、子どもも保育園に通った方が、いろんなお友達と関わって刺激を受けることができます。

自分がなかなかさせてあげれないことも保育士さんがやらせてくれるので、子どもにとって良い刺激になると思います!

双子の出産を機に、ベビーシッターを使うことについての罪悪感がなくなった

ーベビーシッターを利用したきっかけを教えてください!

長女が生まれたとき、なんとなくポピンズシッター(旧スマートシッター)に登録だけはしていました。

双子が生まれてストレスがたまってきたので息抜きに一回利用してみたところ、とても良かったので、それからも利用するようになりました!

ー初めてベビーシッターを利用するとき、抵抗感はありましたか?

長女の時は自分が見てないといけないと思い、ベビーシッターを使うことについて罪悪感がありました。

でも、双子が生まれてから自分1人で子どもたちを見るのが無理だと分かり、夫も負担を減らすために積極的に利用していこうと言ってくれたので、罪悪感はなくなりました。

ーお子さんの反応はいかがでしたか?

最初は泣いていましたが、すぐに慣れて一緒に遊ぶようになりました!

子どもってたくましいな…と思いました。

ーこれからベビーシッターをどのように使っていく予定ですか?

仕事等で通院が困難な場合、次回以降はシッターさんにお願いすることも考えています。

料金的な面があるのであまり頻繁には使えませんが、補助があればもっと使いたいと思います。

最近双子にかかりっきりで長女とゆっくり遊べていないので、双子をシッターさんに見てもらって、長女と2人でお出かけに行きたいです。

思い通りにならない子育てを経験することで、余裕が生まれた

ー出産後、人生や仕事に関する価値観で変わったことはありましたか?

子どもが産まれる前は、許せないことがあるともやもやしていましたが、今は余裕ができ、しょうがないよねと楽に気持ちが切り替えられるようになりました。

自分以外の子育て中の人にも優しくできるようになりました。

ー今後、どのように過ごしていきたいですか?

家族みんなでいろんな体験をしたり、思い出を作っていったりしたいです。

海外にも連れて行ってあげたいな、と思います。

ー最後に、ワーママ、これからワーママになる方へメッセージをお願いします!

母親はこうであるべきというような固定観念を捨ててみてください!

せっかく子どもを産んだのだから、ベビーシッターなどのいろんなサービスを使って、一人一人の子どもと接する時間を作ってあげてください。

画像2

編集後記
インタビューを担当した大学生の菅沼佑梨です。
お忙しいお仕事の合間にインタビューを受けてくださって、大変嬉しかったです!
子育てを優先し、3人の小さなお子さまを育てながらでも仕事を続けられる時代になったんだということが分かりました。
父親が育児をするのが当たり前という意識がもっと広まることを願います。

新規登録で2000円クーポン!

ポピンズシッターへ新規登録いただいた方へ2,000円クーポンをプレゼントしております。ぜひこの機会に、便利で安心して使える「ポピンズシッター」をご体験くださいませ。

まずは無料会員登録!

詳しくはこちら

この記事は

ポピンズシッター (旧スマートシッター)【公式】

安心のポピンズグループのベビーシッターサービス。日経DUALベビーシッターサービス1位🎉 全国保育サービス協会(ACSA)に加盟🎊 今なら新規登録で2000円クーポンプレゼント中!

「仕事と育児の両立」のその他の記事を見る

まずは無料会員登録!

おすすめシッター

もっと見る