戻る

よくあるご質問

依頼する

対応可能な病児保育の分類

ポピンズシッターの病児保育では、感染性の強い症状があり、対応が必要な「感染症対応」と、比較的症状が軽いまたは回復期にある「通常対応」の2種類に分類し、それぞれについて料金を定めています。

「通常対応」「感染症対応」の分類は以下のとおりです。

通常対応

  • 風邪症状(37.5度以上の発熱、下痢嘔吐、咳、鼻水)
  • 手足口病
  • ヘルパンギーナ
  • 溶連菌感染症
  • 突発性発疹
  • RSウィルス
  • とびひ

感染症対応

  • インフルエンザ
  • 百日咳
  • ウィルス性胃腸炎(ノロ、ロタ)
  • アデノウィルス(プール熱、咽頭結膜炎、流行性角結膜炎)
  • 急性出血性結膜炎
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹
  • 流行性耳下腺炎(おたふく)
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • 水痘(みずぼうそう)

※新型コロナウイルスには対応しておりません。

子どもや家族が新型コロナウイルス濃厚接触者となった場合

以上に記載のない感染症・医師の診断がつかない症状の病児保育については、ポピンズシッターでは対応不可となります。

※医師の診断で、お子さまが保育園や学校に行けない場合は病児保育です。
医師の診断は無いものの、保護者さまの判断で登園せず自宅療養を希望されている場合も病児保育です。

また、シッターによって対応可能な症状が異なりますので、依頼の前にシッターのプロフィールページもご確認ください。

関連するよくあるご質問

【利用の流れ】病児保育病児保育に関連する様々なケース対応可能な病児保育の分類病児保育の利用ルール病児保育中にお子さまの容体が急変した場合の緊急対応

戻る

対応可能エリア(順次拡大予定)

ベビーシッターを探す