2021/4/1お知らせ

【利用の流れ】一時預かり(東京都ベビーシッター利用支援)令和3年度

令和3年度東京都ベビーシッター利用支援の一時預かり版の補助内容のご案内です。
ポピンズシッターは本事業の対象事業者です。

 
 

対象自治体

北区・葛飾区・中央区・武蔵野市・荒川区・豊島区・文京区
(※2021年7月30日現在 自治体のHPで公表され次第随時更新いたします)

混同しやすい別の助成制度

「一時預かり(東京都ベビーシッター利用支援)」と似た別の助成制度があります。ご注意ください。

※以下をご利用の方はこちらをご確認ください。(2021年9月16日追記)

  • 北区「ベビーシッター利用支援助成金(新型コロナウイルス緊急対応)」
  • 渋谷区「保育所等の臨時休園等への対応に係るベビーシッター利用料金助成」
  • 品川区「ベビーシッター利用支援助成金(新型コロナウイルス緊急対応)【後払い方式】」

 
 

対象者

保護者の残業や病気、自己実現、学校行事など、幅広い理由が対象となります。保育認定は問いません。

対象自治体に住所があり、以下のいずれかの保護者

  • 日常生活上の突発的な事情や社会参加などにより、一時的に保育を必要とする方(保護者の残業や病気、自己実現、学校行事など)
  • ベビーシッターと共同保育を必要とする者

 
 

対象期間

 

北区、葛飾区、中央区、武蔵野市、荒川区

令和3年4月1日~令和4年3月31日

豊島区

令和3年7月1日~令和4年3月31日

文京区

令和3年8月1日~令和4年3月31日

 
 

ご利用条件

北区

  1. 対象児童:北区在住の0~5歳児クラスのお子さま
  2. 利用時間帯:24時間(365日)
  3. 補助上限

児童一人当たり1時間2,500円上限 年144時間(多胎児の場合、児童一人当たり年288時間)

※北区「ベビーシッター利用支援助成金(新型コロナウイルス緊急対応)」をご利用の場合は、こちらをご確認いただき、こちらより申請をお願いいたします。

 
 

葛飾区

  1. 対象児童:葛飾区在住の0~2歳児クラスのお子さま
  2. 利用時間帯:24時間(365日)
  3. 補助上限

児童一人当たり1時間2,500円上限 年144時間(多胎児の場合、児童一人当たり年288時間)

 
 

中央区

  1. 対象児童:中央区在住の0~2歳児クラスのお子さま
  2. 利用時間帯:月から土の午前7時~午後10時(休祝日除く)
  3. 補助上限

児童一人当たり1時間2,500円上限 月8時間まで(多胎児の場合は児童一人当たり月16時間まで)

 
 

武蔵野市

  1. 対象児童:武蔵野市在住の0~5歳児クラスのお子さま
  2. 利用時間帯:24時間
  3. 補助上限

午前7時~午後10時まで:1時間当たり2,500円(税込)上限
午後10時~午前7時まで:1時間当たり3,500円(税込)上限

児童一人当たり年144時間まで(多胎児の場合は児童一人当たり年288時間まで)

 
 

荒川区

  1. 対象児童:荒川区在住の0~5歳児クラスのお子さま
  2. 利用時間帯:24時間365日
  3. 補助上限

午前7時~午後10時まで:1時間当たり2,500円(税込)上限
午後10時~午前7時まで:1時間当たり3,500円(税込)上限

児童一人当たり年144時間まで(多胎児の場合は児童一人当たり年288時間まで)

 
 

豊島区

  1. 対象児童:豊島区在住の0~5歳児クラスのお子さま
  2. 利用時間帯:24時間365日
  3. 補助上限

午前7時~午後10時まで:1時間当たり2,500円(税込)上限
午後10時~午前7時まで:1時間当たり3,500円(税込)上限

児童一人当たり年144時間まで(多胎児の場合は児童一人当たり年288時間まで)

 
 

文京区

  1. 対象児童:文京区在住の2~6歳児クラスのお子さま
    ※病児・病後児の場合はこの助成の対象外です。「訪問型病児・病後児保育利用料助成制度」をご利用ください。
  2. 利用時間帯:24時間365日
  3. 補助上限

午前7時~午後10時まで:1時間当たり2,500円(税込)上限
午後10時~午前7時まで:1時間当たり3,500円(税込)上限

児童一人当たり年128時間まで(多胎児の場合は児童一人当たり年256時間まで)

 
 

ご利用の流れ

依頼方法

「東京都ベビーシッター利用支援事業対応」のシッターを指定してください。以下の手順より、シッター依頼時に選択できます。

  1. はじめてご利用される方はポピンズシッターへご登録ください。
  2. マイページメニューの[シッターを探す]⇒[条件から探す]

  3. [条件を指定して探す]画面⇒[こだわり検索]

  4. 各種補助制度項目の「一時預かり(東京都ベビーシッター利用支援)対応」を選びます。(その他は、適宜ご希望の条件をお選びください。)

※一時預かり(東京都ベビーシッター利用支援)対応シッター利用時のみ、補助を受けることができます。
※対応シッターが限られるため「おまかせシッター手配」はご利用いただけません。
※交通費・キャンセル料は補助対象外

シッター利用後

自治体への補助申請には以下が必要となります。

  • ベビーシッター要件証明書
  • 領収書

以下の手順より、マイページからダウンロードいただけます。

  1. 利用後、「ご利用明細・領収書発行」画面にアクセスします。
    領収書画面の操作方法はこちら
  2. [ベビーシッター要件証明書も一緒に発行する]にチェックを入れ、日付を選び、「領収書」「ベビーシッター要件証明書」を発行します。ダウンロードし、紙に印刷してください。領収書の発行方法はこちら
  3. 保護者さまから、自治体に助成金を申請ください。(申請方法は、以下の各自治体での取扱いからご確認ください。)

 
 

各自治体での取扱い:一時預かり(東京都ベビーシッター利用支援)

自治体からのご案内を必ずご確認ください。

 
 

よくあるご質問

・福利厚生のクーポン(すくすくえいどなど)は併用できますか?
→自治体ごとに異なりますので、自治体にお問い合わせください。

・きょうだい保育の場合も、利用可能ですか?
→原則お子さま1人に1人のシッターが必要です。ただし、保護者さまとの共同保育の場合は、保護者様+シッターさんの2名でお子様2名の保育が可能です。この場合のご依頼は、シッターが保育するお子様1名でご依頼ください。

・一時預かり(東京都ベビーシッター利用支援)対応でないシッターに依頼した場合はどうなりますか?
→補助の対象となりません。

・東京都ベビーシッター利用支援とかんたん家事を同時に頼めますか?
→かんたん家事のサービスと、東京都ベビーシッター利用支援は同時にご利用いただけません。

・病児保育の場合も利用できますか?
→文京区以外の対象自治体ではご利用可能です。文京区では、病児・病後児の場合は助成対象外です。「訪問型病児・病後児保育利用料助成制度」をご利用ください。

・領収書、利用明細はどこから発行できますか?
こちらのFAQをご覧ください。


東京都ベビーシッター利用支援事業

最新の記事

カテゴリ

日時

一覧へ戻る

ポピンズシッターとは

POINT
01

安心・安全


しっかり面談・選考、きちんと研修
ポピンズ共通研修・保育園研修
登録ベビーシッターは保育・子育て経験者のみ
保育士・助産師・幼稚園教諭等 資格者多数
全国保育サービス協会 加盟
ACSA加盟・自治体補助指定事業者
手厚いサポート体制
365日体制・安心保険加入
安心・安全
POINT
02

気軽


30分~送迎可能
自分でベビーシッターを選べる
かんたん予約
はじめての方へ
POINT
03

料金


入会金・
年会費
無料

保育料
1時間2,200円(税込)~

利用時間
保育:2時間~
送迎:30分~
ご利用料金

福利厚生サービスと特典

福利厚生クーポンご利用で
利用料金例
2時間/4,400円(税込)
1,200円(税込)
内閣府ベビーシッター券2,200円
すくすく500円2枚をご利用の場合
クーポン割引・助成制度

対応可能エリア

東京都

神奈川県

千葉県

埼玉県