2020/10/29お知らせ

8時間まで補助:一時預かり版 東京都ベビーシッター利用支援事業について

東京都ベビーシッター利用支援の一時預かり版では、ひと月8時間までベビーシッターの利用料の一部を補助しています。

スマートシッターは、本事業の対象事業者です。

対象自治体

荒川区・武蔵野市(2020/10/26現在)

対象者

保護者の残業や病気、自己実現、学校行事など、幅広い理由が対象となります。保育認定は問いません。

対象自治体に住所があり、以下のいずれかの保護者

  • 日常生活上の突発的な事情や社会参加などにより、一時的に保育を必要とする方
    (保護者の残業や病気、自己実現、学校行事など)
  • ベビーシッターと共同保育を必要とする者

補助対象

(1)対象児童

0~2歳児クラスの子ども(4月1日時点の年齢)

(2)対象期間

令和2年7月1日から令和3年3月31日まで(荒川区)

令和2年10月1日から令和3年3月31日まで(武蔵野市)

(3)利用時間帯

月曜日から土曜日までの午前7時~午後10時

(ただし、国民の祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。)

(4)補助上限

児童一人当たり月8時間 、1時間 2,500 円を上限 
(多胎児の場合は、児童一人当たり 月16時間)
 

ご利用の流れ

<依頼方法>

  1. スマートシッターへご登録。
     

  2. 「条件を指定して検索」から、
    「東京都ベビーシッター利用支援」対応のベビーシッターに依頼します。

※東京都ベビーシッター利用支援事業対応シッター利用時のみ、補助を受けることができます。

※交通費・キャンセル料は実費

<依頼後>

  1. 利用後、保護者さまより自治体指定期日に必要書類を提出するため、弊社宛にご連絡をお願いします。
    宛先 support@smartsitter.jp
    件名「東京都ベビーシッター・一時預かり、申請書類の件」
    内容:補助を受ける対象の保育日時・お子さま名・ベビーシッター名

  2. ベビーシッター要件証明書・利用明細をスマートシッターより保護者さまに提出

ご注意

※利用に伴い課税されることとなる税額の目安は、モデルケース税額表をご参照ください。

※確定申告の手続きや税額の計算方法等、管轄税務署にご相談ください。

よくある質問

・福利厚生のクーポン(すくすくえいどなど)は併用できますか?
→自治体ごとに異なりますので、自治体にお問い合わせください。

・きょうだい保育の場合も、利用可能ですか?
→一人に付一人のシッターが必要です。

・東京都ベビーシッター利用支援対応でないシッターに依頼した場合はどうなりますか?
→補助の対象となりません。

一時預かりベビーシッター利用支援事業の利用にあたり

自治体からのご案内を必ずご確認ください。

荒川区

令和2年度一時預かりベビーシッター利用支援事業

武蔵野市

ベビーシッターによる一時預かり利用支援事業のご案内

 

 

 

一覧へ戻る

スマートシッターとは

POINT
01

安心・安全


登録ベビーシッターの90%以上が有資格者
資格:保育士・幼稚園教諭など
全員面談・選考
ベテラン保育士によるスキルチェック
充実した研修制度
ポピンズ共通研修、保育園研修
手厚いサポート体制
365日体制・ポピンズ看護師や顧問医もサポート
あんしん保険加入済み
安心・安全
POINT
02

気軽


30分~送迎可能
自分でベビーシッターを選べる
かんたん予約
はじめての方へ
POINT
03

料金


入会金・
年会費
無料

保育料
1時間2,000円~

利用時間
保育:2時間~
送迎:30分~
ご利用料金

福利厚生サービスと特典

福利厚生クーポンご利用で
利用料金例
2時間/4,000円
800円
内閣府ベビーシッター券2,200円
すくすく500円2枚をご利用の場合
クーポン割引・助成制度

対応可能エリア

東京都

神奈川県

千葉県

埼玉県