[スマートシッター]smartsitter何よりも、安心して使える
ベビーシッターサービスを。

一覧へ戻る

最新情報

2018/12/25プレスリリース

ポピンズとスマートシッターが50億円規模の東京都ベビーシッター利用支援事業の事業者に認定

20181225143658

株式会社ポピンズとスマートシッター株式会社は、平成30年度から東京都が待機児童問題の解消に向けて推進する東京都ベビーシッター利用支援事業者として、両社共に認定されました。
ポピンズグループはベビーシッター業界の最大手であり、この東京都の事業のためにシッター採用の強化から教育による人材育成、運営を行い、待機児童問題の解消に貢献してまいります。

東京都は待機児童問題に積極的に取り組んでいますが、現状では保育所の絶対数が不足しています。そこで、それを補うために保育所に入所できない乳幼児むけのベビーシッター支援事業を発足させました。今回の事業者認定において11社が認定され、ポピンズグループからは、2社が参画事業者として認められました。

東京都のベビーシッター利用支援事業は、育児休業明けや待機児童となった0~2歳児の育児家庭を対象に、一日8時間、月160時間まで1時間250円でベビーシッターを利用可能とする制度です。2018年度に1,500人分の利用補助相当額として50億円が予算化されています(2018年4月1日現在の東京都の待機児童は5,414人)。

今回認定された、ポピンズのナニーサービス(ベビーシッター派遣)は、待機児童問題解決のための居宅訪問型保育事業を実施する最大手の事業者であり、すでに東京都千代田区、港区、渋谷区、豊島区より受託、サービスを提供しています。

また、スマートシッターは、ベビーシッター業界初の企業サポート型マッチングサービスとして、保育士シッターの採用を強化、スマートフォンやパソコンから簡単にベビーシッターの予約や日々の連絡ができるというシステムの利便性に特長があります。

両社は、東京都ベビーシッター利用支援事業者として、グループに蓄積された経験を活かしながら、待機児童問題の解消に貢献し、働く女性を力強く支援していきます。

詳しくはこちら

一覧へ戻る