[スマートシッター]smartsitter何よりも、安心して使える
ベビーシッターサービスを。

より良い保育をお届けするために

スマートシッターでは、高い保育スキルをもったシッターに登録頂き、そのスキルを最大限活躍できるように事務局から様々なサポートを行っています。また、保護者の声をサービスに反映し日々改善を重ねています。

ベテランスタッフがシッター候補者との面談で保育経験をチェック
面談担当松本 亜紀まつもと あき
取得免許:
保育士、幼稚園教諭
勤務経験:
保育園等勤務経験6年
助産師センター2年
松本 亜紀松本 亜紀

面談時に見ているポイントは?

まずは、保持している資格と実際の保育現場での経験を確認します。
経験があればいいというものではなく、現場でどのような想いで、どのようなことを意識しながら日々頑張っていたかのエピソードをお伺いします。この話で必要な保育スキルのチェックができます。
また本人の雰囲気やお人柄はもちろん、依頼者及びお子様とどのようなコミュニケーションを取っていくのかということも確認し、自分自身が保護者だったときに依頼したくなる方にご登録を頂いております。

松本 亜紀松本 亜紀
選考に選考を重ねた結果、登録されているシッターの資格保有率は90%以上になりました

※保育士、幼稚園教諭、助産師など

より良い保育のために大切にしていること

保護者様とのやり取りやレビューをチェックしています

"あんしん・あんぜん"な保育への取り組み

スマートシッターに登録済のシッターは有資格者が90%以上で全員が保育業界での勤務経験を積んでおりますが、提携保育園と連携しながら保育スキルをより向上させる取り組みも行っています。

  • 登録前に必要に応じて保育スキルをチェック
  • 低年齢のお子さま(0歳-1歳児)へ接する際の保育スキルやリスク管理に関する研修

また、ご利用者様からのレビューや評点を参考に事務局からシッターへ適宜フィードバックを実施しております。実際の評価を正しく反映することにより、保護者とシッターのミスマッチを防ぎながら保育レベル全体の向上を図っています。

  • 保育後のレビューを基に事務局から保育方針について改善提案やアドバイスを実施
  • ご利用者様からの非公開の評点(5点満点)をポイント化してシッターを評価

シッターを評価していただき、ポイント化してシッターの評価をします

独自のマッチング支援体制の確立

スマートシッターでは、シッターとご利用者様のコミュニケーション内容は事務局で随時確認しています。保育依頼における連絡や保育後の完了報告などで、シッターからの説明内容に過不足がある場合には分かりやすくフォローするなど、マッチングの際のコミュニケーションが円滑に進むよう万全の体制を整えています。

ユーザビリティ改善への取り組み

スマートシッターでは独自のカスタマーサポート体制を構築しており、ご利用者様のレビューやお問い合わせ内容を常にチェックしています。頂いたご意見を参考に、現状の形に固執せずにシステム及び利用ルールの両面で日々ユーザビリティの改善に取り組んでいます。
また、専任のデザイナーやエンジニアを自社スタッフとして抱えることで、スピーディーなWEBサイトの改善サイクルを実現しています。

厚生労働省のガイドラインの順守

スマートシッターは、2015年6月3日に厚生労働省から発表された「子どもの預かりサービスのマッチングサイトに係るガイドライン」に定められた内容を遵守しております。
また、ガイドラインに基づき、万が一の保育中の事故が発生した場合に備えて損害賠償保険に加入しています。

  • ガイドラインの詳しい内容はこちらをご覧ください。
  • ガイドラインへの適合調査結果はこちらこちらをご覧ください。