戻る

よくあるご質問

各種助成(内閣府ベビーシッター券等)

2020年4月の特例対応について、内閣府シッター券利用の流れを教えて下さい

<内閣府ベビーシッター券の利用拡大>

従来:1日対象児童に付1枚2200円・1家庭月最大24枚まで

令和2年4月~の特例措置:1日対象児童に付5枚、1家庭月最大 120 枚まで(最大26万4千円)

 

これにより、例えば20日間・1日5枚(11,000円分の補助)利用も可能となります。お勤め先の利用条件をご確認の上、ご利用ください。

<内閣府ベビーシッター券 利用の流れ>

特例措置でのご利用時には、割引券の裏面(本券及び報告用半券)の事由欄に、特例措置によるベ ビーシッターの利用が必要となる事由の記入が必要です。

事由欄に記載が無い場合には特例措置の適用が受けられないため、ご注意ください。

記載例)○月○日 ○○小学校が休校のため、○月○日 ○○保育園より登園自粛要請が出されたため など 

※内閣府ベビーシッター券を一回のご利用で4枚以上ご利用の場合は決済画面での枚数入力は不要です。決済画面では入力せずスマートシッター事務局までご郵送ください。
 

送付先:〒150-0012 渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ6F スマーシッター株式会社 内閣府ベビーシッター券担当

なお、新型コロナウイルスの感染拡大対策のためのご利用は、補助額を非課税所得とする措置が内閣府より発表されましたので、非課税となります。

 

<内閣府ベビーシッター券の企業導入について>

お勤め先が本制度を導入いただいていない場合、企業からの申し込みにより新規利用が可能です。個人事業主の方も、申請によりご利用可能です。
スマートシッターにて、内閣府ベビーシッター券の導入・利用サポートも致します。
導入をご検討いただけますよう全国保育サービス協会(ACSA)のページをご参照ください。
法人契約・導入相談については、hojin@smartsitter.jpまでメールでご連絡ください。

全国保育サービス協会の今回の措置説明ページはこちら

内閣府ベビーシッター券導入企業一覧

個人のご利用者様向け:内閣府シッター券の使い方

導入検討法人様向け:内閣府シッター券の導入のしかた 

 

戻る

スマートシッターとは

POINT
01

安心・安全


登録ベビーシッターの90%以上が有資格者
資格:保育士・幼稚園教諭など
全員面談・選考
ベテラン保育士によるスキルチェック
充実した研修制度
ポピンズ共通研修、保育園研修
手厚いサポート体制
365日体制・ポピンズ看護師や顧問医もサポート
あんしん保険加入済み
安心・安全
POINT
02

気軽


30分~送迎可能
自分でベビーシッターを選べる
かんたん予約
はじめての方へ
POINT
03

料金


入会金・
年会費
無料

保育料
1時間2,000円~

利用時間
保育:2時間~
送迎:30分~
ご利用料金

福利厚生サービスと特典

福利厚生クーポンご利用で
利用料金例
2時間/4,000円
800円
内閣府ベビーシッター券2,200円
すくすく500円2枚をご利用の場合
クーポン割引・助成制度

対応可能エリア

東京都

神奈川県

千葉県

埼玉県